サッカー

0204 Jリーグ第2ステージ第7節(vs松本山雅FC)

◆2015(平成27)年8月16日(日) 晴時々曇のち雨 昨年11月以来、久しぶりのアウェイゲームの観戦です。 せっかく松本まで行くのだから、観光もしようと、途中の中山道・奈良井宿に寄りました。 奈良井宿は約1kmにわたって町並みを形成する日本…

0203 Jリーグ第2ステージ第6節(vs横浜F・マリノス)

◆2015(平成27)年8月12日(水) 晴 今日は、朝型勤務で、7時45分出勤、午後4時30分終業のはずでした。ところが、6時30分まで残業する羽目になり、キックオフに間に合わず、パロマ瑞穂スタジアムに着いたのは7時20分を回っていました。…

0199 パブリックビューイング(vsモンテディオ山形)

◆2015(平成27)年7月29日(水) 晴 久屋大通公園もちの木広場で「スカパー! Presents 名古屋グランパスvsモンテディオ山形戦パブリックビューイング」が無料で催されました。 会場には大画面の液晶テレビが設置され、試合会場と同じよ…

0197 Jリーグ第2ステージ第4節(vs浦和レッズ)

◆2015(平成27)年7月25日(土)夜 晴 第1ステージの覇者、浦和レッズを迎えての一戦。強豪相手、じっとしていても汗ばむ暑さの中で、勝利することができるのでしょうか。 ボール支配率は、どう見ても浦和にありました。前半19分にオウンゴール…

0190 Jリーグ第2ステージ第2節(vsガンバ大阪)

◆2015(平成27)年7月15日(水) 晴 昨年のJリーグチャンピオン、ガンバ大阪との一戦。強豪相手に勝ち点3は難しいか。 案の定、前半で2失点。グランパスの動きも悪くはなかったのですが、ガンバ大阪の巧みなパスワークに翻弄されました。 ああ~…

0181 Jリーグ第1ステージ第16節(vs柏レイソル)

◆2015(平成27)年6月20日(土)午後 曇 相手が柏レイソルとあって、いつもと違う、異様な雰囲気が漂います。 柏のサポーターが、口笛を鳴らして挑発してきます。それに対して、名古屋のサポーターも口笛を鳴らして応戦するのです。 無視しておけば…

0175 ヤマザキナビスコカップ第7節(vsヴィッセル神戸)

◆2015(平成27)年6月3日(水)午後 曇 既に予選リーグ突破を決めているグランパス。今日は、ターンオーバーで、若手主体の陣容で試合に臨みました。 ベストメンバーの神戸に対し、前半は互角か、主導権を握っているかのような戦いでした。 しかし、…

0172 Jリーグ第1ステージ第14節(vsモンテディオ山形)

◆2015(平成27)年5月30日(土) 晴 スコアレスドロー。 攻め込む場面もシュートシーンも少なく、単調な攻撃に終始して、全く見所のない、つまらない試合でした。 スタンドからは「給料返せ!」の罵声が。 プロなんだから、観客を沸かせるプレーし…

0168 Jリーグ第1ステージ第12節(vsサガン鳥栖)

◆2015(平成27)年5月16日(土) 曇 終了間際、アディショナルタイムで連携ミスからゴールキックをインターセプトされ、元名古屋の豊田陽平に決められてしまいました。 痛恨の失点、痛恨の敗戦です。 3試合零点で3連敗。ホームゲーム連敗。 サポ…

0167 Jリーグ第1ステージ第11節(vs川崎フロンターレ)

◆2015(平成27)年5月10日(日) 晴 ホーム初黒星。 試合の入り際から、何ともぎくしゃくした展開で、響き合わないというか、何か歯車がかみ合わないのです。 これでは点は入らない。もやもやしている間に、前半終了間際、大久保嘉人に先制点を決め…

0164 Jリーグ第1ステージ第9節(vs湘南ベルマーレ)

◆2015(平成27)年5月2日(土) 晴 春の外国人叙勲で、ピクシーことドラガン・ストイコビッチが旭日小綬章を受章することになりました。Jリーグを経験した外国人選手・監督で叙勲を受章するのは初めてのこと。セルビアと日本の相互理解の促進や、日…

0162 ヤマザキナビスコカップ第4節(vs横浜F・マリノス)

◆2015(平成27)年4月22日(水)午後 晴 公式戦3連勝、ホームゲーム負け無し。 すごく良い流れです。 勝ち点10で、B組首位をキープし、久しぶりの予選リーグ突破が見えてきました。 得点は闘莉王のPKによる1点のみでしたが、マリノスの反撃…

0159 Jリーグ第1ステージ第6節(vs清水エスパルス)

◆2015(平成27)年4月18日(土)午後 晴 瑞穂公園陸上競技場は、4月1日からネーミングライツで「パロマ瑞穂スタジアム」となりました。 瑞穂競技場は1941(昭和16)年に開設され、1982(昭和57)年に建て替えられましたが、老朽化が…

0157 Jリーグ第1ステージ第5節(vsサンフレッチェ広島)

◆2015(平成27)年4月12日(日) 曇時々晴 やっと白星、やっと勝ち点3。 J1の18チームで最後の最後に初勝利。 第4節まで最下位に沈んでいたグランパス。 この勝利で12位まで上昇しました。勝ち点3の獲得が、いかに大きいかを改めて実感し…

0153 ヤマザキナビスコカップ第2節(vsベガルタ仙台)

◆2015(平成27)年3月28日(土)午後 晴 前半30分までに3得点。こんなに幸先良く決まっていいものでしょうか。 今日は楽勝だ。 しかし、そうは問屋が卸しませんでした。そこがサッカーの難しいところです。 後半開始早々、2失点。瞬く間に、3…

0150 Jリーグ第1ステージ第3節(vs鹿島アントラーズ)

◆2015(平成27)年3月22日(日) 曇一時小雨 瑞穂スタジアムでの今季初ゲーム。 桜の開花宣言はあったものの、山崎川の桜はまだ咲いていません。そして、グランパスの今季初勝利の花も咲きませんでした。 試合巧者、鹿島アントラーズ相手に先制点を…

0146 Jリーグ開幕戦・第1ステージ第1節(vs松本山雅FC)

◆2015(平成27)年3月7日(土) 曇のち雨 待ちに待ったJリーグの開幕です。34分の1試合ですが、第1節を開幕戦というのも特別な意味があるからでしょう。 今年から2004年以来、11年ぶりに2ステージ制となります。年間勝ち点の上位3チー…

0114 J1リーグ第33節(vs大宮アルディージャ)

■2014(平成26)年11月29日(土) 晴 ホーム最終戦。 今シーズン、ホームゲームでの勝利は瑞穂陸上競技場での2勝のみ。豊田スタジアムでは0勝2分け6敗と勝ちがありません。 今日はなんとしても勝利して、有終の美を飾りたいものです。 キック…

0109 J1リーグ第32節(vs清水エスパルス)

■2014(平成26)年11月22日(土) 晴 今年2回目のアウェイゲーム観戦。 清水は名古屋から近いこともあり、6回目です。昨年のアイスタ日本平球技場のゲームも2対1で負けており、勝ったイメージが薄いです。 清水は、降格圏内にいるため、必死に…

0103 J1リーグ第31節(vsFC東京)

■2014(平成26)年11月2日(日)午後 曇のち雨 瑞穂でのラストゲーム。 笑顔で有終の美を飾りたいところでした。しかし、結果は、2対2の引き分け。またしても、ホームで勝利することはできませんでした。負けなかったのが、せめてもの救い、とい…

0099 J1リーグ第29節(vsベガルタ仙台)

■2014(平成26)年10月22日(水) 小雨 ボールを支配し、シュートを打ち続けても得点は生まれず、脱力感のある試合でした。 松田も、矢野も、川又も、小川も、ゴール枠を外し、特に松田はフリーでの決定機を逃し続けてしまいました。 守備的に戦う…

0095 第94回天皇杯準々決勝(vs清水エスパルス)

■2014(平成26)年10月11日(土)夜 晴 グランパス、天皇杯準決勝進出ならず。 前半0対0で凌いだものの、主導権はエスパルスにありました。 後半20分、22分と清水に2点取られたときは、このまま敗退か、と諦めました。 しかし、その5分後…

0092 J1リーグ第26節(vsアルビレックス新潟)

■2014(平成26)年9月27日(土) 晴 腰の痛みはあるものの、歩行には支障なくなりました。 3連勝中のグランパスの勝利を期待して、瑞穂陸上競技場へ出かけましたが、0対1で敗戦。腰の状態のようにスッキリしませんでした。 得点のチャンスは何度…

0090 J1リーグ第24節(vsヴァンフォーレ甲府)

■2014(平成26)年9月20日(土)午後 曇 3月23日第4節神戸戦以来、今季2勝目となるホームでの勝利です。実に半年ぶり。 新人・矢田旭のリーグ戦初ゴールで先制し、後半には永井謙佑のヘディングゴールで追加。堅い守りの甲府から2得点を奪い…

0082 J1リーグ第22節(vs川崎フロンターレ)

■2014(平成26)年8月30日(土) 晴 今年の夏は、台風や停滞した前線などの影響で大気が不安定となり、雨や曇の日が続きました。特に8月は、ギラギラの太陽を見る日が少なかった。朝方、寒さを感じて布団をかぶったときもあったくらいです。 7月…

0081 J1リーグ第21節(vs柏レイソル)

■2014(平成26)年8月23日(土) 雨 職場の労働組合主催の夏季レクレーションがあり、静岡の掛川花鳥園、焼津魚センター、そして大井川鐵道に行ってきました。名古屋への到着が午後7時となり、豊田スタジアムに入ったときには、ハーフタイムが過ぎ…

0080 天皇杯3回戦(vs京都サンガFC)

■2014(平成26)年8月20日(水) 晴 J2の京都サンガ相手に4-0。スコアだけを見れば、名古屋グランパスの快勝といえましょう。 でも、何かすっきりしません。 京都に攻め込まれる時間帯が多かったからです。決定力不足や凡ミスに助けられました…

0077 J1リーグ第19節(vs鹿島アントラーズ)

■2014(平成26)年8月9日(土) 雨 とうとう降格圏の16位にまで順位が下がってしまいました。 前半は動きも良く、1対1。難敵、アントラーズ相手に、今日は勝てるかもしれない、と期待を抱かせる戦いぶりでした。 後半早々に加点して、2対1とリ…

0074 J1リーグ第17節(vs横浜F・マリノス)

■2014(平成26)年7月27日(日)夜 晴 ワールドカップ後、リーグ戦が再開されてから3試合連続の引き分け。負けないのはいいことかもしれませんが、すっきりしません。 今日も前半で先制され、後半37分でようやく追いつき、何とか敗戦を逃れた状…

0068 天皇杯2回戦(vsトヨタ蹴球団)

■2014(平成26)年7月12日(土)午後 晴 ユニフォームの胸に同じ「TOYOTA」のロゴ。不思議な対戦です。 名古屋グランパスの母体はトヨタ自動車、トヨタ蹴球団はトヨタ自動車を始めトヨタ関連の会社に勤務する社員のアマチュアチーム、どちら…