0665 J1リーグ第26節(vsV・ファーレン長崎)

★2018(平成30)年9月15日(土) 雨のち曇

 通常、前半は自陣をホームサポーター側に取るものですが、この日は逆でした。後半にホームサポーター側に攻めてきて、ゴールシーンを間近に見られなくなります。長崎がコイントスで勝って、こうなったのでしょう。

 どうも嫌な予感がしました。
 いつもと違う形を取らせることで、グランパスのリズムを狂わせようとしたのではないか。
 長崎のサポーターはわずかですので、長崎にとってはコート選択はどちらでもよいわけです。

 案の定、先制点は長崎でした。
 「え~、ウソでしょ!」
 スタンドから声が漏れました。
 引いて守って速攻を仕掛けるのが長崎のスタイルです。
 攻撃に人数をかけるグランパスのスタイルの弱点を突いた長崎の戦略勝ちといったところでしょうか。

 前半で前田直輝ミドルシュートで同点に追い付き、後半早々にジョーのシュートで一時的に逆転したものの、長崎の鈴木武蔵ハットトリックを許して再逆転されました。
 4点目のPKも不可解でした。主審は井上知大という人ですが、グランパスに不利な判定が目立ちました。

 ジョーが1点返し、アディショナルタイム6分で同点になることを期待しましたが、そこまででした。
 試合終了のホイッスルが鳴ると、当然の如く審判団に対して大きなブーイングが起きました。審判も人間ですから、間違いはあります。しかし、今日の内容はあまりにひどいもので、後味が悪かったと思います。

 8連勝は逃しましたが、以前のように惨敗ではなく得点はしましたから、次に期待が持てます。

<試合結果>
パロマ瑞穂スタジアム
3対4(前半1-1、後半2-3)
得点:【名古屋】①前田直輝(前30)、②③ジョー(後3、後44)、【長崎】①②③鈴木武蔵(前8、後8、後11)、④中村慶太(後25)
観衆:18,477人
気温:24.1℃
開始:午後6時
主審:井上知大

<成績>
9勝4分け12敗、勝点:31、得点:42、失点:45、得失点差:-3、順位:12位

0664 瑞穂公園JOG その7 感動ランニング

★2018(平成30)年9月15日(土) 雨のち曇

 午前中、雨が上がったので走りに出たら、瑞穂公園に着いたところでポツポツ降ってきました。今週は雨ばかりです。
 山崎川沿いを走るのは断念し、いつ本降りになっても帰宅できるように公園周辺をぐるぐる走ることにしました。

 夜はパロマ瑞穂スタジアム名古屋グランパス対V・ファーレン長崎の試合があるので、気の早いサポーターが何人もいました。
 グランパスは現在7連勝中。今日勝てば連勝は8に。験担ぎに8km以上走ろうと思いました。幸い雨は小雨のままで、予定距離を走ることができました。

 こんな雨の中でもランナーはいました。自分も含めて、物好きですね。
 AI(人工知能)やICT(情報通信技術)がどんなに発達しても、人間が走ることは永遠に続くでしょう。
 ロボットが喜怒哀楽は表現できても、そこに心はありません。機械が感情や情緒、価値観を持つことはないからです。
 人間は走ることで、感動し、何かと誰かと出会うことができます。
 ランニングを通じて、もっと感動してみようと貪欲になりたいと思います。

使用シューズ:asics TARTHER NOVA
走行距離:8.3km
所要時間:1時間09分

0663 自転車で高校訪問 2回目

★2018(平成30)年9月13日(木) 曇

 6月22日に引き続き、2回目の高校訪問です。
 今回は農業大学校オープンキャンパスや綠の学園研修(1日農業体験研修)に生徒が参加してくれた高校を回ります。
 私の担当は、名古屋市内の6校です。
 移動手段はママチャリ。

 八勝通、山手四谷通、名古屋長久手線を通って、一番目の訪問先、愛知県立愛知総合工科高校へ。ゆっくり走ったので55分かかりました。
 対応してくれた進路指導室の女性の先生は、農業大学校をご存じありませんでした。農大の概要を説明し、2名の生徒がオープンキャンパスに参加してくれたことにお礼を言い、受験勧奨をしました。

 2校目は名古屋大学教育学部附属高校。
 この高校からは1名の生徒がオープンキャンパスに参加してくれました。
 受付の警備員さんに訪問趣旨を告げると、あいにく明日からの学園祭準備のため先生方は対応できないとのこと。進路担当の先生に資料を渡してもらうよう依頼して次に向かいました。

 中区にある愛知産業大学工業高校。
 東別院の西にある校舎に行ったら、こちらの橘校舎は実習棟で、進路指導は道路を挟んで南側にある伊勢山校舎の方だそうです。
 3年前にできたという校舎は8階建てでオフィスビルのようでした。
 わざわざ2人の先生が対応してくれました。
 一人の先生は岡崎が地元で、毎週水曜日の農大実習販売で野菜などを購入していると話され、農大をよくご存じでした。
 オープンキャンパスに参加してくれた生徒は、推薦試験の要件である内申3.0に満たないため、一般入試で受験するとのこと。とても良い生徒なので、なんとか合格させてあげたいと先生はおっしゃっていました。

 4校目は名古屋工業高校。昭和区円上町にある私立高校です。
 応接間に案内され、お茶を出してくれました。今回の訪問でお茶のおもてなしがあったのはここだけです。
 対応してくれた進路担当の先生は、大学時代農業経営についても学び、「農業は大切な分野です」と言ってました。
 農業機械の整備や修理のため、機械の知識がある工業高校の生徒は強みがあると思います。
 オープンキャンパスに参加してくれた3名の生徒が、全員受験してくれたら嬉しいです。

 いったん自宅に帰り、昼ご飯を食べてから、残りの高校訪問に行きました。

 5校目は瑞穂区享栄高校
 ここの生徒は、6月の農大発見の日、8月のサマーキャンパス、綠の学園研修と、3回も参加してもらっています。進路の先生によると、農大が第1志望であるとのこと。享栄高校からは毎年、入学者がいます。ぜひ合格してもらいたいものです。

 最後に、名古屋市立中央高校。
 オープンキャンパスに参加してくれた女子生徒は昼間定時制か夜間定時制かわからなかったので、とりあえず昼間定時制の事務室を訪ねました。
 進路指導主事の女性教諭が対応してくれました。
 私はここで、昼間定時制が4年制であること、女子生徒は現在3年生で受験は来年度であることを知りました。
 女性教諭は理科の先生で、女子生徒は理科が好きで農大にも関心があるということです。
 今日の訪問は直接的には本年度の成果にはなりませんが、来年度に期待が持てるものでした。

 一人でも多く優秀な学生が確保できれば、高校訪問を実施した甲斐があります。

使用自転車:ブリヂストン アルベルト
走行距離:40.0km
走行時間:3時間28分

0662 第14回岡崎市サイクリング大会

★2018(平成30)年9月9日(日) 雨のち曇のち晴

 昨年に引き続きスポーツコース45kmに参加しました。
 昨年と回るコースが反対になっていて、おかざき世界子ども美術博物館から、まず岡崎市ホタル学校まで行き、休憩。そこから県道332号線に向かって峠を登ります。この途中には「延命水」という湧き水があります。三叉路を左折し、千万町豊川線を南下し、二瀬橋を渡って県道37号線を走ってゴールに向かうコースです。

 朝4時に起床。激しい雨が降っていました。予報では8時ぐらいまでには止むことになっていましたので、雨対策をすることもなく家を出ました。
 安城辺りで雨に降られましたが、アイシンAW岡崎工場の駐車場に着く頃には上がっていました。

 今年はファミリーコース、スポーツコース合わせて70数人しか参加者がいません。昨年の半分ぐらいではないでしょうか。

 開会式では、雨で路面が濡れているのでスピードを控えめに走行するよう、また上り坂でも苔(こけ)で転け(こけ)た人もいるので油断しないよう、ユーモアを交えて注意がありました。

 午前7時半過ぎから十人程度の小グループで2分間隔で順次スタート。各集団ごとに岡崎市サイクリング協会のスタッフが河合中学校の辺りまで先導してくれます。その後は自由走行です。
 新東名高速道路のガード下付近から雨が激しく降り出しました。カッパを着る参加者もいましたが、何も持っていない私はそのままペダルを漕ぎ続けます。
 雨は5分ほどで上がりました。
 結果、雨具はなくても大丈夫でした。

 右手に男川を見ながら、続いて左手に鳥川川(とっかわがわ)を見ながら坂道を上り、ホタル学校(旧鳥川小学校)に到着。
 エイドステーションでチェックを受け、飲み物、菓子パン、バナナをいただきます。まだ午前8時台ですし、あまりお腹も空いてませんのでカルピスウォーターとバナナを食べ、菓子パンはDバッグに収めました。こういうときバッグがあると便利です。

 県道377号線と332号線を結ぶ峠道の頂上付近に「延命水」があります。これは、環境省の「平成の名水百選」に選ばれた「鳥川ホタルの里湧水群」の一つ。百選に選ばれたのは愛知県では、ここと犬山市の八曽滝の2個所だけです。「延命水」の名称は全国各地にあり、長寿の水とされています。
 先客が一人いて、ボトルに水を入れていました。
 「冷たくて美味しいですよ」
 しかし、私は一口飲んだだけです。説明板の最後にこう書かれています。
 「この水は飲用を保証するものではありません。飲用する場合は各自の責任でお願いします」

 しばらく上り坂を進むと、
 「上りはこれで終わりです。気をつけて下ってください」
 スタッフの方が注意を促していました。

 ブレーキをかけながらも気持ちよく下っていきます。

 県道332号沿いに2つめのチェックポイントとなっている「みつわ広場」があります。ここはかつて「大雨河(おおあめかわ)小学校」でした。校舎も校庭もそのまま残っています。
 大雨河小学校は、1874(明治7)年に仮教場が置かれたことに始まり、2010(平成22)年3月に閉校しました。岡崎市の中心街からはかなり離れており、学校周辺は山と森に囲まれています。旧鳥川小学校同様、周りに民家らしき建物はありません。こんなところに通う子供達がいたのかと不思議に思いました。

 JAあいち三河提供の「岡崎茶」をもらいましたが、これもDバッグにしまいました。

 県道332号をほとんどペダルを漕ぐことなく進み、二瀬橋を左折して、県道37号へ。
 男川を今度は左手に見ながら西進します。
 時折、くらがり渓谷方面に向かうサクリストとすれ違います。

 子ども美術博物館に10時35分ゴール。
 完走証とドリンク、アイスクリームの引換券をいただき、くじ引きでUSB充電式のヘッドライトが当たりました。最近、安全のため夜間走ることを控えているため、使う場面はあまりないでしょう。

 今年度で退職なので、来年からは岡崎市在勤枠での参加はなくなります。できたら再雇用で岡崎市内の出先機関に勤務できれは嬉しいです。

【サイクリングコース】
おかざき世界子ども美術博物館(7時45分) → 県道35号 → 県道37号 → 額田支所 → 県道377号 → 岡崎市ホタル学校<休憩>→ 県道332号 → 県道334号 → みつわ広場(旧大雨河小学校)→ 県道377号 → 二瀬橋 → 県道37号 → 県道35号 → おかざき世界子ども美術博物館(10時35分)

参加料:2,000円
使用自転車:cannondale F700
走行距離:47.2km
走行時間:2時間22分

0661 山崎川JOG その78 異常気象

★2018(平成30)年9月8日(土) 雨のち曇

 豪雨、猛暑、台風、そして地震
 一体日本列島はどうなっているのでしょうか。
 7月上旬の西日本豪雨
 7月、8月の熱中症リスクを増大させた猛暑、命にかかわる酷暑と言った方がいいでしょう。
 7月下旬の台風12号は異例の西進コースを取りました。
 9月4日の台風21号では、電車が運休するのを見越して、午前中で仕事を切り上げて帰宅しました。昼過ぎまで仕事していたら、名鉄電車が動かなくなって帰れないところでした。
 そして、9月6日未明には北海道で震度7の巨大地震が起きました。

 本日も朝方まで雨。
 午前中、走りに出ました。途中、少し雨に降られましたが、なんとか10キロ走れました。
 土曜日とあって、昨日より多い、19人のランナーに出会いました。男性16人、女性3人です。
 名古屋では甚大な被害がなかったので、こうして走れます。有り難いことです。

使用シューズ:asics TARTHER GONA
走行距離:10.2km
所要時間:1時間22分

0660 山崎川JOG その77 健康寿命

★2018(平成30)年9月7日(金) 雨のち曇時々晴

 今年は退職の年ですので、業務に支障のない限り、上司や部下に迷惑のかからない限り、できるだけ年休を取得しようと思っています。
 本日、年休を取りました。
 しかしながら、天気予報どおり雨です。
 家の掃除をしたりして、日中は過ごし、夕方雨が上がってジョグに出ました。

 山崎川では、男性6人、女性2人のランナーがいました。何人走っているか人数を数えるのが私の習慣になっています。今日のように少ないとしっかり把握できますが、周回コースですから、人数が多くなると、「あの人初めて見るかな?」「今の人、さっき会ったかしら?」と曖昧になります。数えた数字自体を、「あれ、いくつまで数えたっけ?」と忘れてしまうこともあります。走りながら記憶力の訓練をしている状態です。

 厚生労働省の公表によると、2016年の「健康寿命」は男性72.14歳、女性74.79歳だったそうです。
 「健康寿命」とは、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる期間を示します。
 国は社会保障費の抑制のため、平均寿命との差をできるだけ短くすることを目指していますが、私は最期まで走り続けて、ピンピンコロリで死ぬことが理想です。

使用シューズ:converse マキシムⅢ
走行距離:6.1km
所要時間:49分

0659 J1リーグ第25節(vsジュビロ磐田) ヤマハスタジアム

★2018(平成30)年9月1日(土) 晴

 「せっかく静岡まで行くなら、うなぎを食べたい」
 妻の一言で、ランチは浜名湖でうなぎを食べることにしました。

 姫街道沿いにある「磯の串」に入店しました。
 ちょうど12時でしたが、お客さんは誰もいません。テーブルの上に「浜名湖育ち 新仔うなぎ 入りました」と手書きのプレートが置かれていました。
 お店の人に聞くと、新仔うなぎは養殖うなぎの中でも1年経たない若いうなぎのことをいい、皮も柔らかく、身も脂が乗り、肉厚で美味しいうなぎとのこと。人間でも若い人はピチピチしているように、うなぎも若い方が活きが良いわけです。
 早々来る機会はないので、うなぎ定食(3,850円)にプラス700円で新仔うなぎの定食にしてもらいました。
 うなぎがまるまる1匹と刺身、肝いり吸い物、漬け物付きです。
 柔らかく、香ばしく、甘くもなく辛くもないちょうど良いたれで、とても美味しいうなぎでした。

 7月に西尾市の「ふくなが亭」でうな重を食べましたが、3,980円の値段で、申し訳程度の漬け物が付いているだけ。うなぎもやせ細った感じで、辛いたれでした。今日のうなぎとは格段の差があります。

 自宅を8時50分に出発して、午後3時前にヤマハ発動機の駐車場に到着。高速道路を使わなかったので、ずいぶんと時間がかかりました。

 ヤマハスタジアムでの観戦は2011年以来、2度目です。
 アウェイフリーゾーンのチケットが取れなかったので、バックスタンド・ホームフリーゾーンでの観戦となりました。ここではアウェイチームのグッズを身に付けての観戦は一切禁止となっています。その旨を表示したプラカードを持ったスタッフが巡回し、声をかけて注意していました。徹底しています。

 私は、ジュビロ磐田メモリアルマラソンの参加賞でもらったサックスブルーのTシャツを着て、カモフラージュしていました。

 夜7時3分キックオフ。
 ジュビロの名波監督は「今日はサポーターとクラブ、そして我々が三位一体となって戦わなければいけないマストなゲーム」と語っています。
 しかし、グランパスは6連勝中の勢いをヤマハスタジアムで披露してくれました。

 さあ、グランパス劇場の始まりです。
 先ずは、前半12分、金井貢史の先制ゴールから。エドゥアルドネットのスルーパスを、抜け出して上手く捕らえました。
 前半はこの1点のみで追加点は奪えませんでしたが、2度の決定的なシュートをランゲラックが鋭い反応でセーブしました。オーストラリア代表に招集されて、乗っていたのだと思います。

 後半は圧巻のゴールラッシュ。
 10分に前田が2点目、23分に途中出場の和泉が3点目、その2分後にジョーが4点目、41分にシャビエルが5点目、45分に再びジョーが6点目。

 ゴールが決まる度にアウェイスタンドは盛り上がり、私も手が痛くなるほど拍手をしてしまいました。サックスブルーのTシャツを来ていながら喜んでいる姿に、周りのジュビロサポーターは奇異に思ったに違いありません。

 アディショナルタイム中村俊輔のパスを受けた大井に1点を返されたものの、1対6の大勝です。

 6発、7連勝。
 まさにグランパスまつりです。
 風間監督の言う「楽しませて勝つサッカー」を十分に堪能させてもらいました。

 うなぎに舌鼓を打ち、試合に酔いしれ、大満足の磐田遠征でした。

<試合結果>
ヤマハスタジアム
1対6(前半0-1、後半1-5)
得点:【磐田】①大井健太郎(後45+4)、【名古屋】①金井貢史(前12)、②前田直輝(後10)、③和泉竜司(後23)、④⑥ジョー(後25、後45)、⑤ガブリエル・シャビエル(後41)
観衆:13,647人
気温:26.3℃
開始:午後7時
主審:荒木友輔

<成績>
9勝4分け11敗、勝点:31、得点:39、失点:41、得失点差:-2、順位:11位