0207 浅野祥雲の作品を訪ねて 日進市下見 その2

◆2015(平成27)年8月23日(日) 晴

 9月6日実施予定の探訪あいちに備え、下見走行に出かけました。
 今回のコースに、今年6月1日に開館した「旧市川家住宅」を加えようと、現地を訪れてみました。
 場所は、日進市役所の西で、県道58号線沿いにあるので、すぐにわかります。

 市川家は、江戸時代後期、約250年前に建てられた農家で、最近まで子孫が生活していたそうです。
 ご主人が亡くなって、未亡人となった奥さんが日進市に寄付したとのこと。
 日進市は、木の板張りなど当時の建材を活かしながら、改修・耐震工事を施しました。

 木曽馬を飼っていた馬屋や、かまど、はたおり機などが残されていて、江戸時代の昔に思いをはせることができます。
 平成25年(2013年)12月に文化庁登録有形文化財(建造物)になっており、一見の価値はあると思います。

使用自転車:cannondale F700
走行距離:41.5km
走行時間:2時間13分